レビュー

【FF16DLC第二弾 海の慟哭 感想】単体DLCとしては面白いが…発売10カ月後リリースも「道中の単発エピソード」に過ぎない点が不満

タイトル(かな) ふぁいなるふぁんたじー16 うみのどうこく
ハード PS5
発売日 2024年4月18日
点数 採点なし
総評 ・ボリュームは控えめ
・内容は面白い
・リリース時期と内容とが噛み合っていない
レビュー執筆時点 2024年5月3日



序文

FF16DLC第二弾「海の慟哭」をクリアしたので簡易レビューします。単発DLCのため採点は実施しません。画像等も特に載せず、感想メインです。

全体感・良かったところ

ボリュームは5~6時間程度と控え目。大方の予想通り、本編に出てこなかった召喚獣リヴァイアサンの物語。プラス、クリア後のやりこみコンテンツとしてアレテ・ストーン内に「カイロスゲート」が実装されます。

単発の物語として見れば、とても面白かったです。水の民シュラの求めにより、リヴァイアサンのドミナントである赤子ワレアスを助ける物語で、その過程でクライヴがリヴァイアサンの能力を手にします。

本編同様、グラフィックは目を見張るものがありました。空や水の演出が素晴らしい。召喚獣バトルもド派手で見ごたえたっぷり。やはりFF16の召喚獣バトルの演出は、他のゲームと比べて頭一つ抜けていると感じました。

新召喚獣リヴァイアサンの戦闘面での性能は、遠距離特化型でとても強かったです。火力もウィルゲージの削りもそれなりに出来ますし、なんといってもフィート中は回避性能が上がる点が強かった。遠くで撃ちながら回避しているだけで、DLC中のすべての敵を完封できるレベルの壊れ性能でした。

水の民の人々が、外から来たクライヴに協力的なのも良かったです(まあ、自分たちの族長が招いた客人なので当然っちゃ当然ですが)。

ベアラーもそうでない人も、分け隔てなく協力しながら生きる水の民の姿に、クライヴは「自身の目指す理想に近い世界がここにある」と勇気づけられます。この辺りの気持ちよさというか、DLCフィールド全体が明るく美しいのと、水の民の善人性とがうまくマッチしており、不快感なくクリアできた点がとても良かったです。

不満点

そんなわけで単体のDLCとして見れば面白かったのですが、個人的には、本DLC、本筋とほぼ絡むことがないという点がやっぱり微妙でした。

以下、筆者の個人的な感想であることを念押しさせてください。

これはFF16に限ったことではないのですが、発売から長期間空いた後に追加されるDLCが、本筋と何の絡みがない(本編開始からエンディングまでの間のEPに過ぎない)というのは、「…で?」感が凄まじいんですよね。

結局今回のDLCというのは、物語内で語られたように、「召喚獣はアルテマの力の一部に過ぎないので、リヴァイアサン1匹放置したところでアルテマの目的には何の影響もない」とのことで、本編視点ではあってもなくても良い物語なんですよね。

発売から1年弱経過してリリースされるDLCならば、物語もそれに沿って、ED後のお話を見たかったというのが本音でした。「テイルズオブアライズ」などはそうでしたね。あるいは、「ゼノブレイド2・3」のように前日譚とするとか。
賛否分かれそうですが、リヴァイアサンがいることでEDの展開が少し変わるとか、そういう遊びがあっても良かったかもしれません。

本編に何の影響も及ぼさないストーリーDLCを出すのであれば、発売と同時期に出してほしいというのが私の考えです。「真・女神転生5」なんかはそうでしたね。初見プレイの道中でDLCに入れるような仕組みとなっている。先の展開を既に知っているクリア後のプレイヤーとしては、やはり「道中を今さら追加」よりも「新しい時系列」が見たかったです。

どうも最近のスクエニRPGは、DQ11、FF16、FF7リバース等がそうですが、展開をあえてぼかすことで考察させる作品が多い気がしています。そういう構成も嫌いではありませんが、見せ方の問題か、受け取り側(筆者)の問題か、何だかいたずらにモヤモヤさせられてる感じがします。それだけにDLCでそういったところを補完というか、答え合わせみたいなことができればと期待していましたが、期待通りの展開ではありませんでした。

(DQ11Sの追加要素も、道中の各仲間の物語でしたね。あれも苦手でした)

総評・買うべきか否か

そんなわけで、本DLCは

・シナリオは6時間程度でボリューム少なめ
・内容自体は面白い
・やりこみ系バトルコンテンツ「カイロスゲート」あり
・本編シナリオの補完は無し
ということと、価格2,420円とを天秤にかけて各自判断していくべきかと思います。

私個人としては、上述の不満もありますが、本編同様の迫力と映像美を見せてくれたことや、シナリオ自体の気持ちよさがあったので、「買って後悔」まではいかなかったな、といったところでした。

ジュドーさん
ジュドーさん
内容は良いのだが、リリース時期とコンセプトとの噛み合いが…。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です